結婚指輪について

結婚すると今は男性も結婚指輪をすることが多いようです。
結婚指輪についてもう少し考えてみましょう。
まず結婚指輪の由来ですが、古代ローマ時代からの習慣といわれています。
当時のローマ教皇が約束をした印に、鉄の和を結婚の誓いとして使ったことから始ったようです。
日本では結婚式に結婚指輪の交換をするのは50年ほど前のことで、まだ歴史は浅いようです。
それに比べてヨーロッパでは、とても歴史ある習慣ということになります。

そして結婚指輪の意味としては、これから夫婦としていつまでも変わらない愛情を持って、人生を歩んでいこうという約束の印ということでしょうか。
指輪はリングですが、このリングは切れ目がなく永遠を意味しています。
つまり永遠の約束ということで結婚式に結婚指輪を交換するわけです。

そして結婚指輪というとやっぱり左指の薬指にはめますが指にはそれぞれの意味があり、左には心臓があることから人間の一番大切な部分を表わしています。
つまり心と心がつながるという意味があり、左の薬指は愛の絆を深めるという意味もあるとのこと。
結婚指輪は宝石の使われていないものが多く、特にいつもはめていても邪魔にならないものが一般的になっています。
最近は人気ブランドのペアリングなどを、結婚指輪にしているカップルたちも多くなっているようです。
結婚指輪の素材もいろいろありますが、金属アレルギーの人にはチタンやレアメタル素材がおすすめです。
一般的にはプラチナやホワイトゴールド、ピンクゴールド、ゴールド、パラジウム、ジルコニウムなどがあります。



[PICKUP]
永久保証付きでアフターメンテナンスを何年後でも受けられる婚約指輪・結婚指輪販売サイトです ・・・ 婚約指輪